青色申告と白色申告の違いは?メリットはあるの?

青色申告と白色申告の違い

会社勤めをしていると給料から源泉徴収されるので確定申告することはありませんが、個人事業主の場合は自らの所得を計算して税額を求めて税務署へと申告し納税する必要があります。この確定申告の方法に青色申告と白色申告があります。

青色申告と白色申告の違いはその記帳方法にあります。白色申告は、この青色申告をしない人が行う確定申告の方法です。この方法が白色申告だという決まりは別にありません。白色申告では単式簿記が認められています。

対して青色申告では、複式簿記で日々の取引を帳簿に記録しておかなくてはいけません。また、青色申告をするためには事前に申請が必要になり、青色申告は多少手間がかかりますがそれを補うメリットを持っています。

青色申告の良いところ

青色申告の良い点は節税の効果が高いところです。青色申告をすると青色申告特別控除を受けることができます。確定申告の際に複式簿記で記帳した会計帳簿を元に作成した貸借対照表と損益計算書を、確定申告書と一緒に期限内に提出できた場合は65万円の特別控除が受けることができます。

そのうえ、事業の純損失を翌年以降から3年間は翌年の所得金額から減算することが可能です。また、青色申告を前年にもしていた場合は純損失を差し引くことの代わりに、損失額分を前年の所得金額に組み入れて控除して所得税の還付も受けられます。

これ以外にも貸し倒れ引当金を経費として計上できたり、条件はありますが配偶者や親族の給与を全額経費として課税所得から減算が可能といったメリットがあります。

複式簿記での記帳、提出期限や必要になる書類が増えたりと会計業務の負担は増えますが、青色申告はメリットの多い確定申告の方法です。

何らかの事業所得が生じる事業を行っている場合に行う確定申告のうち、帳簿や事前届出などの手続きが必要ではあるけれど、節税特典があるものを青色申告といいます