何のために社員研修を行うのかを明確にする必要があります

何のために新入社員研修を行うのか

新人が入社する時期になると企業では、新入社員のための研修が行われます。研修のカリキュラムはパターン化されており、外部に依頼した講師の内容も、毎年同じような口調で講義が行われています。地域の商工会議所などが合同でおこなう場合は、各企業の新人を一同に集めて行う場合もあります。学生から社会人として出発するための儀式でもありますから、研修の内容がある程度同じであっても問題はありません。しかし、これで終わりでは「わが社の新入社員研修」にはなりません。会社が行う研修は学校のように、知識や学問を教える場ではないのです。企業にとって有益な人材を育てるために、教育投資を行う場であることを忘れてはならないのです。従って、新人には「わが社では」といった他社とは違う考え方や行動の規範を教えなければならないのです。そのための講義は、外部の人ではできないので、講師として内部の人材が入る必要があるのです。

わが社の人材育成のために教育の体系化が必要です

わが社の人材育成には時間がかかるものです。教えれば使い者になると思ったら大間違いで、教えてもらった知識を現場で実行してみて初めて知恵が生まれてくるものです。知識は評論家レベルのため「わが社の現場」では即使用できないのです。教えてもらったことを、現場で実行してみると不具合がでてきます。それを改善して、更に改良してようやくわが社の知恵になっていきます。これを繰り返して育てていくには、会社のビジョンに合わせた教育体系を作る必要があるのです。

業務上、必要な知識や実技などの社員研修は、社内のエキスパートによる指導が効果的ですが、社員のモチベーションアップが目的の場合、専門の会社に外部委託するのが効果的です。