土地活用の強い味方?太陽光発電に向いている土地は?

土地活用として選択する人も多い

空き地の利用方法として、太陽光発電を行う人が増えています。クリーンエネルギーである太陽光発電は、現在もっとも注目されているエネルギー源の一つです。自分でパネルを設置して売電する人もいれば、発電会社に土地を貸し、運営も任せるという選択する人もいます。

見かけることも少なくない太陽光発電パネルですが、実はどんな土地にでも設置できるという訳ではありません。実は太陽光パネルは設置に費用がかかるので、それを回収して利益を出すためにも、できるだけ発電効率がいい場所が求められるのです。

太陽光パネル設置に向いている土地

太陽光パネルの設置場所としてとにかく重要なのが日当たりです。パネルに日光が当たればそれだけ電気を作ることができるので、日当たりは何を置いても重要になります。日光を遮ってしまう大きな建物の存在はそれだけに大きなハードルになります。街中ではなく、田舎に設置されることが多いのはそのためなのです。ただし田舎であっても、高い山に囲まれて日が当たらなければ意味がありません。また、落葉や積雪も重要なポイントになります。パネルの表面が覆われると、それだけ発電効率が落ちてしまうからです。

地盤の固さも重要なポイントです。地盤が緩すぎるとパネルを支えることができませんし、固すぎると設置できません。地盤工事を行えば設置できるケースもあるのですが、できるだけ初期費用を抑えるのが原則なので、ちょうどいい地盤でなければ設置が見送られることもあります。

再生化エネルギーが叫ばれているなか、太陽光を設置する人が増えてきています。太陽光発電の価格として、30坪屋根が標準で100~150万円です。