倉庫の作業を楽に早く!…進捗を上げるにはどうしたらいい?

どんな仕事にもノルマがある

どんな仕事にだって「ここまでやる」という線がありますよね。配達の仕事などはどんなに道が混んでいたとしても、指定された時間までに相手先に届けなければなりません。倉庫は配達をスタートする場所ですから、倉庫から商品なり部品なりがスムーズに出荷されなければ、予定している時刻に届かなくなってしまいます。出荷時間に間に合わせるようにするには、作業方法だけでなく倉庫の運営方法にも工夫が必要になってきますよ。

所定の位置に商品がない…

仕事がスムーズにいくからクレームもないし売り上げもある…そんな倉庫なら最高ですよね。しかし、いつも出荷に追われていて、引き渡しの時刻がギリギリになってしまう…そんな倉庫も多いのではないでしょうか。遅れてしまうのはどこかの作業に支障がでている可能性があります。例えば、ピッキングするだけの作業なのに、出荷する商品が見当たらなければ、その物を探すだけで時間を食ってしまいます。入庫される場所に物がなければ、たった一件のために広い倉庫を探し回らなければならなくなるでしょう。

表示をつけると作業が進む

ここはどこのエリアなのか一目瞭然に分かる看板があるのとないのとでは、仕事のスピードが変わってきます。入荷した商品がいつまでたっても所定のエリアに届かないとなると、当然出庫も遅れます。倉庫作業は入荷、入庫、出庫、出荷という作業でつながっていますから、前後の工程が非常に大事なんです。ここは入荷エリア、ここは出庫エリアというような看板をつけるだけでも、作業がスムーズに流れますよ。

3PLとは、物流全体を一括して調達から販売まであらゆることを最適化・効率化していくサービスのことです。環境の変化に合わせて戦略を策定しています。