事前準備として何ができるか!?効果的な適性検査対策

適性検査は能力検査と性格検査に分かれる

企業が社員を採用する際には、就職試験を実施しますが、その中に適性検査の項目があります。これは学歴や資格などでは分からない部分を測るもので、応募者の能力や性格を判断するためのツールとなっています。適性検査の中でも「能力検査」と「性格検査」に分かれており、企業に適した人材となれるか客観的な指標となります。能力検査では一般常識や発想力、そして論理的思考力等の能力が問われます。その中でも、意思伝達能力や文章作成能力をみる言語分野と、理系分野の非言語分野があります。何れも、専門性が高い設問は出されるず、浅く広い問題が出題されることになります。対策としては、一般的な能力検査用問題集に目を通しておく程度で大丈夫だと言えます。

Webには様々な対策用ツールが掲載

適正検査における性格検査では、通常、200問程の設問によって応募者の性格や性質を判定します。例えばチーム力が要求される職場では、それに関連した設問が多くなるわけです。性格診断の設問は心理学的な側面から熟慮されて出されるので、本心を偽って回答しても見破られてしまいます。それ故、極力、自分の性格に添った回答を心がけることが肝心だと言えます。但し、性格検査においても、企業によっては既存の指標を採用している場合があり、対策を立てることが可能になっています。また、Web上には様々な適正検査対策用のツールが掲載されているので、メジャーなものをチェックしておくことで、本番に検査に落ち着いて臨めるわけです。

適性検査とは、学業や職業などでの特定の活動において、適した素質を持っているかを見極めるための検査です。