全世界に住む人々に使って貰うためのサイト翻訳とは?

人を集めるための検索エンジン最適化

検索エンジン最適化はウェブサイトにより多くの人々を集める目的がある手法で、内部対策と外部対策をそれぞれ行う事で集客力を持つウェブサイトに変える事が出来ます。

内部対策の中には、HTMLを正しく記述する、見出しタグにはキーワードを含めた文章を入れる、サイトマップを設けるなど基本的な対策を行っておく必要があります。

さらに、検索エンジン最適化はキーワードを選定する、選んだキーワードを文書内に記述を行う事も重要です。

これは日本のウェブサイトだけではなく、英語やフランス語、中国語なども同じ事が言えます。

最近は、グローバル化が進む事でウェブサイトを多国語にする企業が多くなっていますが、キーワードは日本固有のもの、中国語固有のものなどがあるため、翻訳を行う時には言語毎にキーワードを選定する必要があります。

翻訳会社に依頼する時の注意点

翻訳会社にウェブサイトの翻訳を依頼する時、HTMLのソースコードを渡せば希望の言語に訳した形で納品してくれる所が多くあります。

言語によっては1ワードの文字数が多くなってしまい、表組などの場合はレイアウトが崩れてしまう事もあります。

しかし、経験や実績を持つ翻訳会社に依頼を行えば、レイアウトの崩れなどを修正して貰える、日本語と同じレイアウトで多国語展開が出来るようになります。

尚、翻訳会社のホームページには製作実例などが掲載してあるので、過去にどのようなウェブサイトの翻訳を手掛けているのかをチェックする事も出来ます。

さらに、キーワードについてもそれぞれの国特有の言い回しなどを熟知しているので、検索エンジン最適化を含めた翻訳を可能にしてくれる会社もあります。

多言語サイトとは、インターネットがグローバル性に優れていることを利用して、同じ内容または同様な内容を複数の言語に翻訳して、外国人へ伝達できるものです。