フランチャイズで出店する業種は!?出店する地域のことを考える重要性

将来を考えたフランチャイズへの加盟

脱サラしておこなう仕事として多いのがフランチャイズでお店を出すことです。会社勤務とは違って定年もないために、長く収入を得ることができます。しかし計画していた収入を得られなければ家計にも大ダメージを与えることになるために、出店する際には十分な検討が必要です。また出店に際し、フランチャイズの本部に対して加盟料であったり初期費用が多くかかるために、そのための準備金も必要になります。一方では本部のネームバリューを利用することができるために、全然知らない地域に出店するのと違い広告宣伝にそう困ることは少ないです。

コンビニエンスストアを必要としている人の存在

その中でどのような業種でフランチャイズ契約を締結して出店するかは、将来を考えると重要なポイントになります。例えばコンビニエンスストアを出店する場合に、近くに独身者が多く住んでいるかという点がポイントになります。家族がある人の多くは配偶者が昼間にスーパー等で買い物を済ませる一方で、昼間は働いている独身者にとってコンビニの存在は大きいものになります。しかしその独身者が結婚したりしてこの地域から出て行ったとしても、今後も独身者がこの地域に集まってくるかも不透明なことです。

学習塾も小中学生が存在してこそ

また地域に小中学校が存在している場合には学習塾のフランチャイズも考えられます。少子化により子供一人当たりにかける教育費も増えている中で塾に通わせる親も増えてきています。しかしその子供達が大人になるにつれて、新しい小中学生がその地域に存在しているかも不透明です。そのため将来の地域性をマーケティングして業種を決める必要があります。

代理店とは、商品を代理で取り扱い出来る店舗です。商品を取り扱う店舗が増えるためより多くのお客様に商品を届けることができ、自社で営業マンを雇わずに済むのでコスト削減できるというメリットがあります。