業績アップ?営業代行のメリットとデメリット

営業代行を利用するメリット

営業代行を利用する最大のメリットはコストの削減です。常時営業員を持っていれば常に経費が必要となりますが、必要な時にだけ営業代行を利用すれば大幅なコストカットに繋がります。また業者によって料金設定が異なりますが、多くの場合、成果報酬型での支払いになります。つまり成果が出た時にしか費用がかからないため、成果を出せない営業員を常に抱えるよりも費用は削減できます。また営業のクオリティを期待することも出来ます。営業代行は営業のプロです。そのため自社で営業員を一から育てるよりも、高い営業ノウハウやセールススキルを得ることが出来ます。新規に事業を立ち上げた場合などでは、スタートアップにも繋がります。

営業代行を利用するデメリット

営業代行を利用するデメリットとしては、人材や営業スキルの蓄積には繋がらないという点が挙げられます。自社で営業員を育てることが出来れば、それは自社にとっての財産となりますが、営業代行はあくまでも外の人間であるため、自社の物にはなりません。また営業代行で業績が上がったとしても、それは外に依存していることでもありますから、営業代行を使わなくなった時にどう対応するかが重要となります。しかし最近の営業代行業者ではこのデメリットに対応するため、営業の際に得ることが出来たデータや営業ノウハウなどを公開するようになってきています。単に営業代行を使い捨てるような形ではなく、営業代行が得たデータから次の営業に繋げることが出来ればデメリットをカバーすることが可能です。

営業代行とは簡単に言えば、クライアントから報酬を得る代わりに営業を行い実績をあげるサービスです。つまり社員を派遣するような派遣会社とは別の意味合いがあります。